1999/2/19~2010/9/9 生まれてから4221日目 11歳7ヶ月 2010年3月25日「悪性リンパ腫」と告知されてから闘病生活169日目で天使に
by my-baby-life
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Link
親戚さん探そ!

2009/10/29現在 153頭


12/14現在 48頭
(バナーのサイズ変えさせて貰ったけど、いいのかな?)


ライフ親戚さん
マイロと一緒!
マリーとモニカと、見上げる空は・・・
(ブレンのマイロちゃん)
媛☆ラブ
Shin Koyama Web
★レオ&レナ★
(ブレンのレオちゃん)
ネコと3バカトリオ♪
(トライのこたまちゃん)
ゾッコン★リキ
げんちゃんちのDiary
Love&Peace
毎日が桃曜日
un diario caprichoso
ぴーらぶログ
GreatfulDayz-laugh&peace
(トライのナイトちゃん)
エルゼ&ルークの凸凹日記
(トライのルークちゃん)
ぼうやとKOAクマの日記
(LOLOちゃんが親戚さん)
Drops♪
(トライのミルキーちゃん)
こたまま日記
サンゴさんちのカブ太朗
キャバリア Rin's cafe


キャバリア
ワン&ニャン
PRETTY GOOD !!
* * Syuri Land* *
La Dolce Vita
Chel & mil Factory
また、あした。
羽村動物小国
ちとぷファミリーの毎日
good girl +
TEAM R(旧 GOOD + DOG Ⅱ)
桃むく?
サン・まろの風
ミューちんの新しいお家
(ご実家のチェリーちゃんが親戚さん)←時々登場?ライフにとっても似ている
チャコ☆エリー仲良し姉妹!?
ラムは毎日元気だよ~!
Kai and I
チョコとちょこっとドライブ
キャバリアかみんとモアにゃんず
三代目キャバリア クック参上
サイレンパール
ルナッチ&みふゆ☆きまぐれDIARY☆
koji life
lovelyきゃば:ハルとなな、そしてめいも・・・
あくあまりん
Beach Boys
Setagaya-Tail
すずらんのようにかわいらしく・・・


















★管理人サイト★
SISTER×SISTER
以前の記事
2012年 05月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
カテゴリ
全体
♪ライフ闘病中♪
♪ライフとお出かけ♪
♪お散歩♪
♪グッズ♪
♪いろいろ♪
♪ライフの日記♪
♪ライフママから♪
♪ライフ&チェリー♪
闘病まとめ 1 
闘病まとめ 2 
悪性リンパ腫
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ライフの病気
悪性リンパ腫

ガンの食事管理

ガンは不治の病です。
ガン組織は身体の栄養を横取りしてどんどん無計画に成長し、体のほかの組織を壊していきます
しかし、早期発見による外科手術や科学療法ならびに食事療法を組み合わせることで、
かなり長生きする事ができます。
ガンは身体の栄養を横取りして成長しますが、その際に栄養素をいいかげんな使い方をします。
その結果、身体にとって好ましくない代謝産物がたくさん放出され「がん性悪液質」という状態に
なります。
がん性悪液質になると、いちじるしく筋肉量が減少し、筋力が低下します。
それにともなって体重減少、衰弱、身体のたんぱく質の異化、体内の炭水化物と脂肪の貯蔵の喪失
および無気力などになります。
がん患者に充分な栄養が供給できなければ、身体が痩せ、免疫力が低下して、病気に抵抗できず
寿命がかなり短くなります。
栄養不良で肝臓の機能が低下すると薬剤の代謝に影響することがあり、それによって患者の化学療法に
対する反応性が変化することがあります。
栄養不良の患者は、充分に栄養摂食している患者に比べ手術、科学療法、放射線療法に絶える事が
こんなんとなります。
ガンになった犬の体内では、がんと犬が炭水化物やたんぱく質を奪い合います。
がん組織は炭水化物を優先的に利用し、乳酸を生成します。
乳酸は健康な時でも作られます。
激しい筋肉運動をしたあと、充分なマッサージをしていないと身体がだるくなり、筋肉がコリコリになって
時には大変痛む事があります。
この倦怠感、ならびに筋肉のこりと痛みの原因が乳酸です。
乳酸は健康の時には速やかに代謝されますが、がん患者では蓄積します。
この乳酸が血液中に蓄積した状態が悪液質です。
がんはアミノ酸もどんどん横取りします。
そのため、筋肉量が低下します。
たんぱく質の摂取量が不十分だと、免疫機能や消化管機能の低下、および術創が治癒しにくくなります。
しかし、がん細胞は脂肪を利用する能力が低いようです。
脂肪のタイプも重要で、オメガ-3(n-3)脂肪酸は腫瘍の増殖を抑制する作用をもちます。
エイコサペンタエン酸(n-3脂肪酸)は、体たんぱく質の分解を低下させる効果を持ちます。
さらに、n-3脂肪酸には炎症緩和効果がありますが、これは放射線療法時の損傷を軽減する効果を
もちます。このようにn-3脂肪酸は患者にがんに対する抵抗力を与え、がん患者のクオリティオブライフを
向上できます。
ですから、がんの犬ではエネルギー源としてガンが利用しにくい脂肪を給餌するべきです。
すなわち、炭水化物はあまり与えず、高たんぱく質でアルギニンを充分ふくみ、脂肪の含有量を
増加し、特にオメガ-3脂肪を充分供給できるものが良い事になります。
アルギニンは免疫機能を改善する作用をもっているといわれています。
アジ・マグロなどが良いでしょう。

動物病院で行う治療

悪性リンパ腫は、あくまでガンの一種ですから、治療の基本は“抗ガン剤”の投与となります。悪性リンパ腫の種類ごとに、効果の期待できる抗ガン剤を選択しますが、いずれの抗ガン剤も投与することで強い副作用を伴うため、入院による治療が行われます。的確な抗ガン剤治療を行えば、リンパ節の腫れが消えて犬が死なずに済む可能性も少なくないので、動物病院と相談しながらあきらめずに治療を試みましょう。

http://www.dog-malignant-lymphoma.com/cat5/post13.html


http://shintitoseanimal.blog25.fc2.com/blog-category-89.html
http://www.petkanpo.com/syorei/cancer_04.html


リンパ腫に効果的な化学療法
http://www.p-well.com/health/clinic/cat/cat-syuyou.html
--------------------------------------------------------------------------------

   リンパ腫は、そのまま放置すれば、わずか一、二カ月で死亡する悪性腫瘍である。しかし、適切な化学療法をおこなえば、リンパ腫に効果的で、かなりの期間、生き延びる可能性がある。化学療法とは、いわゆる「抗がん剤」の投与である。具体的な治療法は、それぞれの症状と飼い主の希望にしたがって組み立てられるため、愛猫、愛犬が、もしリンパ腫と診断されれば、希望を失わず、動物病院でじっくりと相談することが大切だ。
 一般的な化学療法の経過を記すと、まず、最初、抗がん剤の投与を受け、二、三日、点滴を受けて、薬で死ぬがん細胞から出る異物を体外に排泄。容態が改善したら退院する。以後、週に一度は通院して、血液検査などで副作用の有無、状態をチェックして、つねに副作用を最小限に保ちながら、抗がん剤を投与する。
 そのような治療を続け、リンパ腫の固まりが消え、がん細胞の存在が認められない「寛解(かんかい)」の状態になると、「寛解」用の化学療法をおこなっていく。「寛解」とは、わずかのがん細胞が体内にひそんでいる状態で、それに合わせた抗がん剤を一定間隔で投与しつづける必要がある。このように、適切な治療法をおこなえば、生存期間が六カ月延び、さらに六カ月延びて、結果的に愛猫や愛犬が一年、一年半、二年と生き長らえる可能性が高いといえる。

http://nibs.lin.gr.jp/tayori/tayori514/rev514.htm

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa990000.html
[PR]
by my-baby-life | 2010-08-26 01:29 | 悪性リンパ腫
<< 数匹の子犬を川に投げ捨てる少女 悪性リンパ腫 闘病 続き  2... >>